自業自得でしかないのです

基本的に太っているということはない我々ですが、自分の天命を振り返ってみるとマキシマム面持もアクセスも満杯に太っていたところは大学生から社会人2時期目線ほどだ。お年で言うのであれば、19~24年ぐらいが一番今までの中で太っていました。画像を撮るという面持が真ん丸、全身を見ると別に下半身が太っていたた結果大腿が分厚くジーパンを履くたびキツく感じるようになり、一段と座っているとアクセスが痺れてきていました。

そういった自分でもどうして太ってしまったか分かっていました。それは菓子パンがフェチ、脂っこい食材が好きで良くファストフード仕事場に通っては、大勢食べていたからだ。自業自得でしかないのですが、いよいよこういう脂肪陣といったお別れしたいと考えて、いくつかの減量技法に対峙を通じてみました。

それではバナナ減量。朝飯だけバナナに切り換えるだけという簡単な減量技法。TVで紹介されていたため大学生の頃に試してみましたが、本当に朝方にバナナ1本しか食べないのでお腹が空いて行為がなかったです。普通お腹が空いてしまうのでスナックをつまんでしまい意味が無く普通、アッという間にバナナ減量は断念しました。次に挑戦したのは採録減量。これはメモなどに自分が朝方・昼間・夕という食べてきた雑貨のカロリーを記載してワンデイトータルでどれくらいのカロリー服薬をしたのかを記録で見て自覚して行くという減量技法。これはバナナ減量よりも続きました。ただし、こういう減量技法を通して数日経って気づいたのです。カロリー暴露も細かく書いてない食品が多いことに。パン1個とかだとわかりやすいのですが、gでの暴露になるとどうして計算していいのかわからなくなり、適当に書いてしまい自分に甘えが出てきてしまっていました。そのためあまり書いていても意味がないことに気付き辞めました。そうして最後にたどりついた減量技法は、野菜から食べる減量。これは自分で名前を考えたのですが、お腹が空いているとふっと食べ物や惣菜にこぶしが出てしまいますが、そこは抑えて野菜から召し上がるようにしました。野菜から食する結果、お腹が満たされ炭水化物の食べ物をいまいち摂らなくてすむようになります。するとぐんぐんウエイトは減少して赴き体調も細くなり、減量成功しました。無理をしてやせるよりも、ごちそうの召し上がる進め方を入れ換える結果減量できますのでどうしても試してみてください。アフターピル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です