診査データーが悪化していない

私のウエイトが目に見えて目立ち始めたのは、50を目前にしたあたりだ。ストレス解消法が食べる素行、更に甘いものが立ち寄りません。クラス的こともあり、ウエイト・コレステロール・中性脂肪全品発展特性でした。高脂血液症薬の内服を開始し薬の効果で、血診査の結果は、良好。これが不行き届きに繋がり、食べ物のみならず、真夜中更かし、動き手薄などライフスタイルを見直すことをしませんでした。体重が増えるという腰痛も出てきて余計に働くのが億劫になります。貫くという、なんか口さみしいなぁと思い、ついおやつに手が伸びる、また肥えると行き詰まりというわかっていても、直せませんでした。

こういう有様から脱しなければいけないという、決心したのは60を過ぎてからだ。そう、「年金暮らし」を実感してからです。ここまでは、どうにか無事に生きてきました。これからは、残りの天命どれだけかはわからないけれど、悔いなく過ごしたいと思いました。そのためには、むしろ健康でなくてはいけない!といった痛感したのです。がんらい野菜が好きでなかった自身は、あまりに脂っこいものだけにウエイトが赴き、ランチタイムに偏りが際立ちました。若い時は、家庭もそれで喜んでくれていました。今は今や男性といった私の両人。ホビーも少しずつ変わってきました。この頃は魚介仲間と野菜が中心の食べ物に大変なってきました。主食の体積も幾らか軽めとしています。夜間の間食もおよそ落としました。動きも積極的ではないですが、ウィーク2回往路半かけて遠いデパートへ徒歩で行くようにしています。

ウエイトは減りませんが、腰痛や膝関節痛も楽になりました。。内服診断を継続していますが、診査データーが悪化していないので、ホッとしています。エコー検査では「血管はういういしいよ」と言ってもらい、精神でガッツポーズをとっていました。ちょい「食べ物の変化ができた」は言いきれませんが、念頭に置き、適度な動きを心掛けて、健康寿命を延ばしたいだ。http://makathon.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です